新着情報・コラム

足場組立現場での落下防止対策とは?

2022/05/20

足場組立作業は危険な仕事と思われがちです。
確かにオフィスビルや商業施設、マンションなどでは高層階の10階、20階に相当するような場所で作業するケースもあります。

ただ、そういった場所ではもしもの事態も備え、墜落や落下の危険性を阻止する措置がいくつも取られています。

まず一つが、ハーネスの着用。
体に巻き付け、ハーネスから鉄材に取り付けることで落下しても下部に落ちない仕組みになっています。
作業するエリアが決まったら、ハーネスのフック部分を鉄資材に取り付けることが当たり前の対策として行われています。

そしてもうひとつは防護ネット、棚の設置。
防護ネット、棚はどの場所にも必ず設置されているという訳ではないのですが、公衆災害を防ぐ場所では必ず設置されています。
例えばすぐ近くに歩行者が通っている、車が通っているなど。

作業員の落下だけでなく、ちょっとした鉄材や工具などを落としてしまう可能性もゼロではないため、朝顔と呼ばれるような棒を棚が設置されるケースが多いです。

そしてもちろん足場自体も、作業員の周りを取り囲む手すりと中さんが設置されています。
仮に作業員がバランスをくずしても、落ちないような仕組みになっています。

お問い合わせはこちらから